読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のこと(2016/8/1~)

最近のこと

8月上半期の事です。

8/1

森達也監督『FAKE』

f:id:djsyngk:20160816200252j:plain  映画の日ですね。友人はこぞってシンゴジラを見に行ってましたが私は渋谷ユーロスペースにて『FAKE』。 ドキュメンタリー映画監督森達也が、ゴーストライター騒動で一躍時の人となった佐村河内守氏を追った作品。 ドキュメンタリーではあるのだが、ゴシップニュースでしか見ていなかった佐村河内の生活・日常垣間見せてから(フォトジェニックな猫を挟みつつ)じりじり佐村河内を追い込んでいく展開が非常に映画的で全く飽きさせない。 「衝撃のラスト12分」が衝撃かどうかは置いておいて、ラストショットは映画として本当に完璧。完全にドキュメンタリーの枠を超えてしまっていた。ネタバレになるので詳しく語れないのが口惜しい。森監督の「A」「A2」も見なければ。

8/2

・岡崎体育÷JINRO『割る!』

岡崎体育÷JINRO『割る!』
 岡崎体育すごいぞ!!!!「MUSIC VIDEO」でどかんと注目されてから初めてのタイアップ書き下ろしCMソング。曲を聴いたりTwitterを見る限り、岡崎体育は策略的に捻くれたキャラクターを演出しているかと思うんだけど、こういうキャラクターでタイアップ曲を書いてガッツリ大衆に寄せているのはものすごくグッとくる。(しかもめちゃくちゃポップで良い曲!)
 サビで「回る」「加わる」「割る」「座る」「ちょいワル」「終わる」とリズミカルな韻を踏んでくるのが気持ちいい。岡崎体育のユーモアと大衆性が存分に表れている曲なのではないかと。

…やっぱりDJありがとうさんに似てるなぁ。。。

8/4

・笹塚「マルシンスパ」

 このブログに意義があるとすれば「音楽」「映画」「サウナ」の3つである。

二週間近くサウナに行けておらず、仕事中うとうとしていたら目の前にサウナの光景が広がるというサウナー特有の禁断症状がでてしまったので、セルフロウリュができると噂のサウナ、笹塚「マルシンスパ」へ。
 仕事が早く終わったのでロウリュサービスの時間に間に合う。日本のサウナは低湿のドライサウナが多いので100℃近くても耐えられるけど水蒸気は熱伝導率が高いのでロウリュの高湿は90℃でも恐ろしい暑さ。熱波師の方が仰ぐ度にとんでもない量の汗が噴き出る。
 自分がずっとホームにしている銭湯のサウナは80~85℃の低温中湿(所謂コンフォートサウナ)なので10分近く耐えられるが、がっつりロウリュすると6分耐えるのが精いっぱい。ロウリュサービスの後にはセルフロウリュ童貞喪失。柄杓でストーブにじゅわー。た、たのしい…(めっちゃ暑い)。
マルシンスパは外気浴できるスペース(しかも世田谷区を一望できるナイスロケーション)もちゃんと有るので良い感じにととのうことができそう。

 サウナーの端くれとして近所にこんな楽園があるのを知らなかったのは恥ずかしい。このサウナを教えて頂いたミックスエンジニアの照内さんに感謝。

 今度はヴィヒタ[^1]体験をしたいので鶯谷のサウナセンター大泉に行かなければ。

続きを読む

最近のこと(2016/7/16~)

最近のこと

そろそろなんかちゃんとしたブログ名付けたくなってきたな。

7月下旬の事です。

7/16

連休初日。積んでいた『将太の寿司』読了。と思ったら全国大会編もあるし『将太の寿司2』もあるし先は長い…。
スーパーの鮮魚コーナーで「この鯵はまさか…黄金の鯖!?」とか「大量のヤリイカの中に唯一ある最高のヤリイカを目利きできるかな?」とか一人で遊んでました。

モテキ」原作でフジくんがいつかちゃんと旅行に行って、美味しかったら柏手…の流れがあったけど、元ネタ将太の寿司だったのね。(前のシーンで将太の寿司を貸し借りしてるのが前フリだったのか。)
原作ではいつかちゃんが食べたいものがあるから旅行に誘うって流れだったけど、ドラマ版モテキではいつかちゃん(満島ひかり)がフジくんを岩井俊二監督「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の聖地巡礼に誘うという展開。「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」は個人的に映画という作品形態の中で指折りに好きな作品なのでモテキのこの回は定期的に見てしまう。 フィルムっぽい淡い映像にキラキラ光るプールの水面、そして初々しい奥菜恵が最高。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

7/17

朝イチで免許の更新に行き、神保町「源来酒家」で日本で一番うまいと信じてやまない麻婆麺を食す。

DAOKO『BANG!』

DAOKO - BANG! Lyrics [Eng in the description]

LHW?時代のdaokoはどこに行ってしまったんだという気持ちと、これはこれでポップでアリかもな…という複雑な気持ち。外国人のクラップから始まり、明らかにファレルの「Happy」っぽくしてるサウンド。

続きを読む

ザ・なつやすみバンド『PHANTASIA』について

音楽

f:id:djsyngk:20160803215441j:plain

いやー名盤も名盤。大名盤です。とにかく聴いてほしいという気持ちが先行しすぎて文章量が増えてしまったので記事として独立させました。

DJをやっていると、どうしても音楽聴くときに「この曲DJで使えるかな…」とか「このフレーズの元ネタなんだっけ…」とか余計なバイアスがかかってしまいがちだけれども、『PHANTASIA』は「あ、俺やっぱり単純に音楽が好きなんだ」と思い出させてくれるアルバムなのです。

続きを読む

最近のこと(2016/7/1~)

最近のこと

最近あったことです。

7/1

COSMICBOX@渋谷eggmanに出演。
マイメンのエッグマンブッキング担当みちゃ企画。18時~翌5時までびっちりアイドル祭り。
アイドルがゴリゴリ出るイベントは久々だった上に朝4時から1時間トリだったのでお客さんを見ながら楽しくDJさせて頂きました。アニクラのDJがお客さんのコスプレしてるアニソン拾うみたいな感覚だと思うんだけど、アイドルイベントでのDJは、そのイベントに出演しているアイドルのファン層から「ほらほらあなた方このあたりのアイドルも好きなんでしょ?」って言うのを予測してDJするのがめちゃくちゃ楽しいし性に合ってる。

7/3

土日を寝て過ごしてしまい、夜になって近づくブルーマンデーに絶望したので映画を2本みてメンタルリセット。

森田芳光監督『間宮兄弟』(2006年)
地味な小学校教師役、常盤貴子のしっとりしたエロさな!!!! 誰かが言ってた 「幸せは途切れながらも続くのです」を体現した映画。

間宮兄弟

間宮兄弟

今敏監督『パプリカ』(2006年)
原作は筒井康隆。本作、映像の凄さの評判は前から聞いていたけど、音楽がまた良いなーと思い調べたら平沢進師匠じゃないですか!声優陣も豪華すぎる。 大学の時に筒井康隆著『文学部唯野教授』で構造主義に入門した人間なので、「あーなるほどフロイトユングねーアドラーの共同体感覚ねー」と一人ごちながら鑑賞。しっかり思想や哲学がありつつ、単純に物語としても面白い作品。
余談だけど唯野教授シリーズの『文学部唯野教授のサブテキスト』の『ポスト構造主義による「一杯のかけそば」分析』は本当に面白いのでおすすめ。

パプリカ

パプリカ

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

7/4

虹のコンキスタドール新曲PV公開!!
根本凪さんの根本凪さんがすごい。

【MV】虹のコンキスタドール「限りなく冒険に近いサマー」(虹コン)

去年の『有頂天サマー』と同じく、作詞NOBEさん・作編曲ミナミさん&村カワさん! 『有頂天サマー』はホルモンオマージュだったけど、今作はhideを感じざるをいられない! 待ってるだけの昨日にアディオス!!!

続きを読む

最近のこと(2016/6/16~)

最近のこと

6/16

DJ春菊生誕祭@渋谷幸ちゃん 毎年恒例梅雨の奇祭。お集まりいただきましたトータル30人弱の皆様ありがとうございました。 また来年もやるぞ!!!!

欲しいものリストはこちらです。

6/17

モノブライト「Bright Ground Music ~B.G.M~ Tour Final」@恵比寿リキッドルーム
モノブライトのメンバー3人に加え、ドラム(SISTER JETのアオキさん)ホーン隊3人とキーボートという8人編成。 前半は新譜の楽曲中心、中間にアコースティックパートを挟んで後半は初期曲連発。ベタだけど「頭の中のSOS」「アナタMAGIC」「ムーンウォーク」聴けてよかった。。。モノブライトにホーン隊?と思ったけどこれが予想をはるかに超えて良かった!初期曲のダンスロックにバチッとハマってたのでこの編成の時にまた見に行きたいなぁと。

続きを読む