読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ねぇ」とフレンズは君に語りかける ―ポップミュージックの深淵(フレンズ『ベビー誕生!』」に寄せて)

ベビー誕生!

 今回記事にするのは今話題のすごーい!のフレンズでもなく、口づけをかわした日はママの顔さえもみれななかったどこで壊れてしまったかわからないフレンズでもない。渋谷系ではなく「神泉系」を名乗るポップバンド「フレンズ」である。メンバーは以下の通り。

・おかもとえみ(Vo / 科楽特奏隊、ex.THEラブ人間)
・ひろせひろせ(Vo,Key / nicoten)
・三浦太郎(Gt,Cho / ex.HOLIDAYS OF SEVENTEEN)
・長島涼平(Ba / the telephones)
・関口塁(Dr / ex.The Mirraz)

 2010年前後の東京インディーをちょっとでも追っていた人は聞いた事のある名前がずらっと並んでいるのではないだろうか。インディーシーンを盛り上げていた彼(女)らが各バンドを脱退・解散・休止して結成したのが「フレンズ」である。

 2015年結成で月1回程度のライブ、楽曲は配信リリース・youtubeでのMV公開などで活動してきたバンドであるが、2017年4月5日に待望のフルアルバム『ベビー誕生!』をリリース。「夜にダンス」「Love,ya!」など配信リリースの曲がどれも最高だったので、期待値のハードルが非常に高くなっていたのにも関わらず、期待以上のド直球のポップなメロにお洒落なサウンド。かと思えば突然のRage Against the Machineのオマージュや、宮崎駿に対する愛を語った隠しトラックなど、随所にみられる遊び心も心地よい。

 ちなみに『ベビー誕生』というアルバムタイトルはアメリカドラマ「フレンズ」season1のサブタイトルからの引用である。ポップカルチャー万歳!

 収録曲の全て作詞はボーカルのおかもとえみ氏である。今回はフレンズの"ポップ"である強みを説明するためにアルバム収録曲の歌詞を何曲か引用してみよう。

続きを読む

きみがいない「東京」と、君がいる『東京』。(サニーデイ・サービス「桜 super love」に寄せて)

 昨年夏にリリースされたサニーデイ・サービスのアルバム、『DANCE TO YOU』。 一見、日常の中にゆったりと溶け込むポップな作品なのだが、音楽ジャーナリストの柴那典氏が「悪魔に憑かれた渾身ポップアルバム」と評したように、ポップさの中に祈りのような、呪いのような、狂気じみた圧を感じざるを得ない大傑作なのです。

DANCE TO YOU

DANCE TO YOU

 このアルバムからシングルカットされた「桜 super love」が3月15日にリリース。ジャケットのアートワークは岡崎京子。ラブリーサマーちゃんのリミックスが収録とカルチャーの濃度がすごい。

桜 super love

きみがいないことは きみがいることだなぁ
  サニーデイ・サービス - 「桜 super love」

 「きみが(そばに)いない」という事実や悲しい感情が反転して、「きみ」の存在を改めて認識する。認識論と二元論がそれぞれ呼応したレトリックにやられてしまっている。なんてパンチドランクなラブソングなんだろう。

「きみがいないこと」。「きみがいること」。

続きを読む

春菊楽曲大賞2016

 やって参りました春菊楽曲大賞!今年で4回目です。今回は例年やってきたアイドル部門・ハロプロ部門はJ-POPに吸収し、J-POP大賞一本で執り行いたいと思います。
 審査基準としてはアルバム・シングル・配信などのリリース形体にとらわれず選出。「この曲みんな知らないと思うけどいい曲だから聞いて!」というディグ自慢的な観点ではなく、はっぴいえんど以降流れるJ-POPの歴史の中で、2016年のJ-POPとして語るべき作品を20作品挙げています。また、作品ごとの順列は付けず、語るべき順番で今年を追って行きます。

続きを読む

最近のこと(2016/9/1~)

9月の事です。

更新するタイミングを逃して一か月分の更新。長いです。

9/1

Aimer『蝶々結び』

 9月になりましたので。RADWIMPS野田洋二郎プロデュース楽曲Aimer「蝶々結び」。このカップリングがRADWIMPSのカヴァー「セプテンバーさん」なんですよね。

一人のために描いた夢を 誰かに使いまわした
そんなこともあるさと笑える僕も きっとセプテンバー
『夏』ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの
「もう少しだけここにいさせて」そんな顔で僕見るの
でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる
こんな二人を繋ぐのは きっとなんでもないセプテンバー
RADWIMPS「セプテンバーさん」

 映画『君の名は』で話題のRADWIMPSだけどやっぱり個人的にラッドと言えば『RADWIMPS 3~無人島に持っていき忘れた一枚~』。高校生の時好きだった女の子にこのアルバムを借りた思い出。
 余談だけどAimerをエメって読むのは未だに納得行ってない。

9/2

片想いインストアライブ@新宿タワーレコード

 片想いのライブを見るのは13/14のCDJ以来だなぁ。インストアライブは1stアルバム収録「管によせて」の演奏をバックにissyさんがアルバムの曲を一曲づつ紹介する形でスタート。オラリーさんはいつも眠そう(?)なんだけど、その場の空気を完全に掌握する声なんだよなぁ。ライブしながらの切り絵や一風変わったコールアンドレスポンスがとにかくエンターテインメント。

9/3

ももいろクローバーZ『ザ・ゴールデンヒストリー』

ももクロで奇を衒ってなくて普通に良い曲でたの5年前のオレンジノートとか以来じゃない?1サビ後のブリッジ部分が星野源というかSAKEROCK感がある。

続きを読む

岩井俊二監督『リップヴァンウィンクルの花嫁』について

f:id:djsyngk:20161007202716j:plain

岩井俊二と僕

 大学時代、サブカルの煮凝りみたいな軽音サークルに顔を出してた時期がありまして。そこにいた女の先輩に「あなた、岩井俊二好きそうな顔してるよね」って村上春樹の登場人物みたいな台詞を言われた事があります。そうなんです。岩井俊二、好きなんです。このブログでも良く話題に出しますが、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 』は夏になる度に見返す岩井作品ですし『LoveLetter』も『四月物語』も大好き。
 『リップヴァンウィンクルの花嫁』は岩井俊二がオーディションで出会った黒木華をイメージして脚本を出筆した作品。 3時間の長編という事で見る機会を逃していたんだけど再映するとのことで下高井戸シネマへ。
 見ました。結論から言いましょう。大名作。大傑作。ありがとう岩井俊二!!!今までの人生で見た邦画の全ての中でもトップ1、2を争うレベルの作品かもしれない。

 岩井俊二は例えば『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)で当時ブームだったインターネットの掲示板を活用した表現方法や、当時問題視されていたいじめ問題など時代を反映した作品を生み出していました。
 その15年後。今作、『リップヴァンウィンクルの花嫁』では出会い系サイトでの結婚、SNSの垢バレ、浮気調査、結婚式の代理出席サービス、派遣社員問題…など現代世相をガンガン反映させておきながらもそれは描写の一部にすぎず、テーマはもっと深い人間の根本性を表現をしようと試行しています。
 さてさて、できるだけ物語の本幹には触れないようにしますが、物語構造について考察致します。ネタバレが少しでも気になる方は回れ右でお願いしますねー。
 

続きを読む